ユナ,  猫の病気

猫伝染性腹膜炎(FIP)~お葬式

2019年6月4日
ユナがなくなった翌日にお葬式をしました。

ユナとの最期の時間

朝出発前におはなをたくさんいれました。

ユナが好きだった
ささみとカニカマ、カリカリも一緒に。

眠ってるとしか思えない表情です。


式場につき受付を済ませると
火葬場へ向かいました。

会場の扉をあけると
たくさんのおはながあり
中央にユナを置きました。
左側にあるプレートは
職員の方が作ってくださったそうです。

焼香をしたあとに、
ユナを火葬台の上に乗せて周りにお花を飾りました。

ダンボールは煤になってしまうそうで
火葬台に一緒に乗せることはできないそうです。

タオルは使ってもいいそうなので
下にバスタオルを引かせてもらい
その上にユナを乗せました。

ユナと最期のお別れです。

「ユナ、またね」

これが最期に掛けた言葉です。

いつかまた会える日を楽しみにしてこの言葉を掛けました。

約30分後火葬が終わりました。
係の方がどれがどの骨と説明をしながら
私たちの前の台に並べてくれました。

通常猫の骨は成形されるまで2年はかかるそうで
4ヶ月しか生きていないユナの骨は
正直ほとんど残らないと思っていたのですが
標本が作れるのでは?と思うくらい
綺麗に骨が残ってくれていました。

分骨をしてもらい
あとは骨壺にいれてもらいました。

骨壷に骨をすべていれたら
お墓にもどり合同供養塔に埋葬しました。

49日までは家に置こうかとも思ったのですが
家でひとりでいても寂しいだろうと
おもいその日のうちに埋葬をしました。
その方がたくさんのおともだちと遊べるし
ユナも寂しくないと思ったのです。

係の方が話していたお話ですが
犬や猫には二生があるそうです。

ひとつめは生きていた時間。

ふたつめは亡くなったあと
飼い主の心の中で生きた時間。

姿形がなくなってしまっても
心の中で思っていればずっと生き続けられるそうです。

もう一緒に遊んだりはできないけど
これからも一緒に生きていけたらと思います。



アバター

コーラとラーメンと邦ロックと高校野球
そしてネコを心から愛する26歳♀既婚

140文字で伝えられない魅力をお伝えします。

写真はiPhone Xs max(たまにXR)

当サイトについて→「はじめに」

御用の方はTwitterにお願いします。

人気ブログランキング