ユナ,  猫の病気

猫伝染性腹膜炎(FIP)~いのちの選択

電話で軽くではありますが先生から
治療内容の事は聞いていたので、
今後どのようにして治療していくか
一晩主人と考えました。

後悔をしないために

ユナがいまできる治療

たくさんの治療や薬が試されましたが
未だ治療法も薬も存在していません。

一般的に治療薬として使われている
インターフェロンやジフィリンは
高齢のネコには効果があるそうですが
生後4か月のユナには効果がないそうです。

ユナに効果があるかもしれない
治療がひとつだけあるといわれました。

完治することはなく
3週間しか生きられない子が
3か月にいのちが伸びるかもしれない。

ただ毎週おなかの水を抜いて
検査をしなくてはならず、
おなかの水を抜いてる最中に
亡くなってしまう可能性があるそうです。

詳細は伏せます。

某大学病院で効果がみられているそうですが
まだ詳細は出ていないので書きません。

飼い主である我々の決断

とにかくユナを苦しめたくない。
出来ることなら自然な状態で
薬で延命をすることなくいかせてあげたい。

毎日薬を飲まして毎週お腹の水を抜いて
それがストレスで死んでしまったり
処置中に死んで欲しくはない。
安心できるおうちで大好きなベットのなかで
静かにいかせてあげたい。

少しでも楽にする治療をして、
ユナのお迎えがくるその日まで
出来るだけ一緒に過ごそう。

薬やワクチンでこの子の病気が治るのならば
どれだけお金を掛けても治してあげたい。

いくら薬を飲ませても治らないし
ほんの少し延命されるだけです。
薬、点滴、注射、採血….
ユナが嫌いなことばっかりです。
嫌なことを毎日毎週させてストレスや
怖い思いのままいってほしくありません。

安心して大好きな場所で静かに看取りたい

これが私たちの選択です。

アバター

コーラとラーメンと邦ロックと高校野球と声優さん
そしてネコを心から愛する27歳♀既婚

(年中語彙力欠如症候群)

写真はiPhone Xs max(たまにXR)

当サイトについて→「はじめに」

御用の方はTwitterにお願いします。

人気ブログランキング